工業大学生のドイツ修行記

ドイツの大学に留学した工業大学生の備忘録のようなもの

Krankheit und Nordlicht in Sweden

Grüß Gott!

↓前回の旅行話の続きですぅ↓

himazin-deutschland.hatenablog.com

 

オスロに滞在したのは年が明ける前の12月29日までで、30日からはお隣スウェーデンの北部にあるキルナという街に行きました。なぜこんなクソ寒い時期に、あえてさらに北上したのかといいますと・・・

”オーロラがみたい!!!”

そんなこんなで友人一家にさよならを告げ、単身極寒の地へと飛びました。

      f:id:himazindatch:20170108211112j:plain

”雪すげぇwww”

ドイツを出る前はミュンヘンもまだそこまで雪が降っておらず、オスロも例年のこの時期より暖かいということで雪がなかったので、想像以上のギャップにかなり打ちのめされました。

 

気温はというと、私が到着した日は晴れていたのもあり比較的気温が高かったですがそれでもだいたいマイナス10度前後。しっかり着込んでいればなんとか外で活動できるといった感じでしたが、朝夕や日が出ていない日は日中でもマイナス20度近い時間帯もあり、そこまでいくと寒いとか冷たいとか通り越して、”痛い”っていう感じでしたw

 

そんなキルナに着いた日の翌日、大晦日の朝。着替えをするために服を脱いで、ふとおへそを見ると・・・

「え、なんか赤く腫れてるんだけど・・・!」

実はオスロ滞在中から、お腹に痛みがあり「クリスマスだから食べ過ぎたのかな笑」とか思っていたのですが、ここにきてようやく痛みの原因が発覚。

「これどうすりゃええんや・・・」

途方に暮れた私は、現代っ子の強い味方Google先生に診てもらうことに。

 

おへそ 腫れてる [検索]\カチッ/

 

Google先生「それは"臍炎(さいえん)"という病気で、おへそに傷がついたりした時に感染することで発症します。または”尿膜管遺残症”という病気の可能性もあります。どちらも症状が重い場合は”手術”する必要があります。」

私「しゅ・・・”手術”!?」

 

みなさん想像してください。気温-20度とかになるような異国の地で、病院も絶対に開いていないであろう大晦日の日に、現地の言葉が全く話せない人間が1人、手術になるかもしれないと不安に襲われた瞬間を。

しかし一方で、帰る日の飛行機は決まっているし、保険もスウェーデンの保険は入っていないし、仮に手術して入院とかになってもそれはそれで面倒だな・・・でも、おへそは痛いし・・・う~ん。しばらく悩んだ私は、健康を優先していちかばちか街で1つしかない病院へ向かいました。

       f:id:himazindatch:20170108211111j:plain

こちらは朝9時半ごろの写真。ようやく日が昇ってきて、気持ち明るくなってきた雪道を、痛みをこらえながら1人むなしく歩きました。

 

病院に着いて開いてるかなぁと思い自動ドアに近づいて見ると、

自動ドア (ウィ~ン)

私「おぉ開いたwしかも明かりもついてるしこれはやっている可能性!w」

しかし・・・

病院内 (シーン)

私「」

こうして無常にも誰もいない病院を後にし、私は宿に戻ったのでした。

 

その後は病院も薬局も開いてないし気にしてもしょうがないということで開き直り、暗くなるのを待ちオーロラ散策へ(ちなみに15時半くらいにはもう真っ暗)。宿の近くで家の明かりや街頭の少ないできるだけ暗いところを探しつつ、1時間ちょっと外に出てみましたが、空には雲がかかっていて見える気配無し・・・

 

「お腹も痛いし、クソ寒いし、オーロラ見えないし、もうどうしようもねぇ・・・」

 

完全に打ちのめされて宿に戻り部屋で暖を取っていると、突然外から歓喜の声が!もしやと思い急いで宿の外に出て見ると・・・

見えました!オーロラ!!!

暗い夜空をカメラでは写らないほどうっすらとした緑色のヴェールが泳いでいました。カメラに収められず皆さんにお見せできないのが本当に残念ですが、それは本当にはかなく美しい、自然が生んだ神秘といった感じでした。

 

外で騒いでいたのは同じ宿に泊まっていたスペイン人6人組。この人たちがいなかったらマジ見れなかった可能性ありましたね笑 その後、この人たちと一緒にしばらくオーロラ散策。先ほどよりも大きいものを数回観測することができました。お腹の痛みと寒さに耐えながら大晦日に見ることのできたオーロラは、色々な意味でいい思い出になりました笑

 

そしていよいよ年越し。街では新年を待ちきれず1時間ほど前から花火の音が鳴り響いていました笑 そしてスウェーデンも日付が変わり、花火の爆音と共に2017年を迎えました。その後数日して私はおへその心配をしながらミュンヘンへの帰路を急ぐのでした。 (つづく)

                 f:id:himazindatch:20170108211113j:plain